靴底にあなたの歩き方のクセが現れています!

●靴底に、あなたの歩き方のクセが現れています。


町田市の外反母趾、O脚改善、痩せる歩き方でくびれ美人をつくる

グラマラス美脚メソッドの、サロンニライです。

 

今日は靴のお話です。

 

毎日履いている靴の、靴底を見たことはありますか?
靴底まで確認したことがない、という方は多いのではないでしょうか。

ぜひ一度、普段履いている靴の、靴底を確認してください。
靴底には、あなたの歩き方のクセが現れていますよ。

 

理想的な靴底の減り方は、以下のようだと言われています。

◎かかとの中心、または少し外側が左右均一に減っている。
◎親指下、付け根あたりが減っている。


しかし、姿勢や歩き方に歪みがあることで

靴底の減り方にも、偏りが出ていることがあります。

 

shoe2-2

 

さっそく、あなたの靴の靴底を確認してみましょう。

 

かかとの外側がすり減っている、靴が外側に広がっている場合

<歩き方のクセ>

・つま先が外側をむいて歩いている
・O脚ぎみ

<体への影響>
股関節や膝を痛めやすい。腰痛になりやすい。
お尻が外側に開き下がっている。
おしりや太ももの外側に肉がつきやすい。

 

かかとの内側がすり減っている、靴が内側に広がっている場合

<歩き方のクセ>
・X脚ぎみで靴の内側をこすって歩いている

<体への影響>
外反母趾になりやすい。
・お尻が平らに下がっている。

足首に負担がかかりやすい。

 

靴のつま先がすり減る場合

<歩き方のクセ>
・前傾姿勢ぎみに歩いている
・足が上がらず、足首を使っていない歩き方。

<体への影響>
外反母趾になりやすい。
つま先が上がらずつまづきやすい。
全身の筋肉が使えていなためだらしなく見える。

 

かかとの後側がすり減る場合

<歩き方のクセ>
・後ろ足を引きずるように歩いている
・脚を持ち上げて歩いていない

<体への影響>
太ももを上げないため、腰痛に負担をかけやすい。


いかがでしたか?

あなたの靴底は、正しい減り方をしていますか?


姿勢や歩き方に歪みがあることで、
垂れ尻になり、太ももにセルライトがつきやすくなったり
腰周りに脂肪がつきやすくなる、等
体型の崩れの原因になります。

 

見た目だけではなく、体への負担も大きくなり、
膝痛や腰痛を引き起こしたり
捻挫しやすい、など
体の不調へも、つながります。

 

今回の靴底チェックで、減り方に偏りがあった方は
日頃から「足に合う靴」を選び、できるだけ自分の歩き方のクセを知り、
正しく歩くことを意識することが大切です。

 

時々、靴底チェックをして、自分の姿勢や歩き方のクセを確認してくださいね。

 

shoe1

 

プチッとクリックお願いします♡

にほんブログ村 健康ブログ 姿勢・歩き方へ
にほんブログ村

脚の冷えやむくみ、カラダのゆがみ、下半身太り、外反母趾、O脚、巻き爪、タコや魚の目、靴が合わないなどの足のトラブル、靴、歩き方のお悩みのある方がご来店いただいています✩

鶴川駅周辺、小田急沿線新百合ケ丘、町田、玉川学園前、相模大野、柿生、海老名、座間、伊勢原、厚木秦野、相模原、小田原、つきみ野、つくし野、東京都内や千葉、埼玉、静岡などからもご来店いただいております☆

関連記事

  1. 家にいながらマンツーマン美脚コンサル♡

  2. 脚を変えるのは、夏のうちに!

  3. 足が小さいのでヒール靴で歩くと脚がすぐに疲れてしまうんです

  4. 靴を履いて脚が痛くなる原因は?

  5. 細幅の靴で、美脚も健康も手に入れる【お客様の声】

  6. 理想の脚に向かってどんどん変化しています

大公開!プレゼント付き無料メールレッスン

外反母趾・O脚・むくみ・洋ナシ体型・靴・歩き方のお悩みを解消して、メリハリ美脚になるヒントが満載♡
無料メールレッスンの登録は、今すぐこちらをクリック
↓ ↓ ↓ ↓

グラマラス美脚メソッド紹介動画です

  1. 足が痛くならないパンプスが欲しい、ヒール靴で歩くのが辛い…

  2. 洋ナシ体型、O脚を改善して、細っそり美脚になるには|町田…

  3. 痛くないパンプスと美姿勢作りの美脚セミナーを開催しました…

  4. ふくらはぎを細くしたい!ししゃも足を改善するには?|町田…

  5. O脚が治ってきた気がします|町田市鶴川駅から徒歩5分の美…

  1. 外反母趾を予防するエクササイズについての、インタビュー記…

  2. 足裏のタコや魚の目の原因と改善するために必要なこととは?…

  3. 外反母趾の原因って何?改善するためには、どうすればいいの…

  4. 脚のむくみや冷えの原因と改善するため必要なこととは?

  5. O脚X脚の原因と改善するために必要なこととは?