ダイエットをしても、下半身だけが痩せない。その原因1つ目が「骨盤」です。

● ダイエットしても、下半身だけが痩せない。その原因1つ目が「骨盤」です。


町田市の外反母趾・O脚改善、美脚専門サロン。サロンニライ。
足×靴×歩き方のトータルフットケアで、あなたの足と靴のお悩みを根本改善

「ダイエットしても、上半身ばかり痩せてしまう。」
胸が小さいのにより小さくなって、細くなってほしい肝心の脚はしっかり太いまま。」
「昔から、上半身は痩せているのに、下半身が異常にガッチリしていて、脚を見せるのが恥ずかしい。」
「服のサイズが上下で違うので困る。上は9号なのに、下が11号。悲しすぎる。」

先日、サロンでカウンセリングを受講された方のお悩みです。
同じようなお悩みを抱えている女性、多いですよね。

今日は、下半身痩せできない原因と、その解決法についてお伝えします。

あなたに合った、正しい脚やせ法を行なっていますか?

 

運動をしても、ダイエットをしても、下半身だけ細くならない。
それは何故でしょう?

下半身が細くなりたい!と、無理な食事制限をしていませんか?
無理なダイエットは、栄養不足を引き起こし、栄養不足になると、血行不良や冷えが起きやすくなります。
それが、逆に下半身太りが悪化する原因になることもあります。

下半身を細くしたいと、運動を始める方もいます。
有酸素運動は、脂肪を燃焼するので、ダイエットにはオススメです。
ただ、下半身太りのタイプによっては、逆に脚が太くなる原因になってしまうこともあるんです。

運動を始めたのに、脚が以前より張って、太くなってきた。
そう感じる時には、あなたの下半身痩せには、運動は適していない可能性があります。

ダイエットをしても、運動をしてもなかなか下半身が細くならない。
色々試しているけれど成果が出ない、と感じるときには、そもそも、その方法が、あなたの脚には合っていないのかもしれません。

下半身痩せできない。その原因は「骨盤の歪み」


下半身痩せできない原因は、色々ありますが、その中でも
多いのが、「骨盤の歪み」です。

骨盤は、上下、前後に捻れたり、傾いたりと歪みが起こりやすい部分です。
多少の歪みならば良いのですが、歪みが強くなると、脚にも影響が出ます。

骨盤が歪むと、重心の掛け方が左右でアンバランスになり、姿勢や歩き方の歪みにつながります。
膝やふくらはぎの筋肉に過度な負荷がかかって、セルライトも付きやすくなります。
いくらマッサージやダイエットをしても、骨盤の歪みがあることで、何をしても脚やせできない状態になってしまうんです。



骨盤の歪みが起きてしまう原因とは?


では、なぜ骨盤が歪んでしまうのでしょうか?
骨盤が歪んでしまう主な原因が、日常の生活習慣です。

荷物を片方に持つことが多い。
脚を組んでいる。片足に重心をかけて立っていることが多い。
デスクワークの時に、前かがみ、猫背になっている。
あなたは、気がつかないうちに、骨盤が歪むような生活習慣を続けていませんか?

そして、骨盤の歪みで一番気になるのが、骨盤が外側に開いているケースです。
骨盤は、脚の付け根の股関節に直結しているため、骨盤が開くと、股関節も歪みます。
そして、股関節に繋がっている太ももの骨、大腿骨も外側に広がってしまうんです。

大腿骨が外側に広がってしまうことで、下半身の血流が悪くなり、冷えて、セルライトがつきやすくなってしまうんですね。
骨盤が開くことで、お尻や腰回りも横広がりになりやすく、下半身がどっしりとした洋ナシ型体型になります。

骨盤が開くことで、女性特有のカラダの不調の原因になります。


そして、骨盤が開いていることで、美容や健康にも不調が現れます。

お腹がポッコリ出ている。
お尻が垂れている。
お尻や腰回りが大きくなる。
O脚になる、O脚が悪化する。
股関節に痛みや違和感がある。
ズボンが腰で引っかかる。
上半身に比べて、お尻や腰のサイズが大きい。
太ももにお肉がつきやすい。
ふくらはぎの外側が張りやすい、硬い。

骨盤が開くことで、内臓下垂になったり、便秘、生理痛、PMSなど女性特有の不調も引き起こします。
骨盤が開いていることは、脚やせできないだけではなく、体全体に影響を及ぼしてしまうんですね。

簡単な骨盤の歪みチェックを行なってみましょう!


では、ここで、簡単な骨盤の歪みチェックを行ってみましょう。

まず、脚を揃えて、立ってください。
手のひらを腰の側面から、ゆっくりと太ももに向かって下ろしていきましょう。
その時に、太もも付け根あたりで、骨にぶつかる、出っ張りがある場合には、骨盤が開いている可能性大です。

体のバランスに対して、お尻が大きい、太ももにお肉がついている。
そんなときには、骨盤の開きが原因の、下半身太りになっています。

仰向けに寝て、脚を伸ばし、両足のかかとをつけてください。
リラックスした状態で、かかとはつけたまま、両足つま先の開き具合を確認してください。

片方の足だけが外側に傾いていたり、 両足が外側に開きすぎていてはNGです。
両足の開きが左右で均一で、かつ90度ほどが理想です。

骨盤の歪み改善ストレッチ法をお伝えします。


上記の歪みチェックで、骨盤が開いているかも?!と思った方は、早速骨盤の歪み改善を目指しましょう!
骨盤の歪みを改善する、簡単なストレッチをお伝えします。

まず、両脚を肩幅に広げます。
両脚の間に10円玉があると想定して、その周りを円を描くように、ゆっくり大きく腰を回します。
注意点は、肩は出来るだけ動かさないこと。
腰だけを、大きくゆっくり回すようにしてください。
右側、左側と向きを変えて回しましょう。

その時に、腰に痛みがあったり違和感があれば、骨盤周りの筋肉が硬くなって歪みがある証拠です。
痛みがある時には無理をせず、ご自分のペースで行なってくださいね。

円を描くように回したら、次は、数字の8の字を描くように、腰を動かします。
この時も、肩は出来るだけ固定して、腰だけをゆっくり大きく回しましょう。

簡単なストレッチですが、このように骨盤周りの筋肉をストレッチすることで、筋肉が緩み、歪みが矯正されていきます。

骨盤の歪みをを改善して、脚やせを目指しましょう!


ダイエットをしても、エクササイズをしても、なにをしても下半身だけが痩せない。

脚やせができないと悩んでいる時には、まず骨盤の歪みを確認してくださいね。
日頃から、骨盤ストレッチをすることで、歪みのリセットになります。
一日数回、気がついたら骨盤ストレッチを行うようにしましょう。

下半身が痩せない原因は、骨盤の歪みを引き起こす、「姿勢や歩き方」も関係しています。
「姿勢や歩き方」についてはまた別の記事でお伝えしますね。


では、また!

 

ブログの更新通知が届きます!こちらをクリック!
↓ ↓ ↓

 


大公開!プレゼント付き
無料で学べる!あなたの足と靴のお悩み解消・7日間無料メールレッスン

メルマガ登録は今すぐこちらへ!

脚の冷えやむくみ、下半身太り、外反母趾、O脚、巻き爪、タコや魚の目などの足のトラブル、靴、歩き方が気になる、肩こり、疲労感、自律神経の乱れ、婦人科系トラブル、カラダの歪みのお悩みのある方はご相談ください。

鶴川駅周辺、小田急沿線新百合ケ丘、町田、玉川学園前、相模大野、柿生、海老名、座間、伊勢原、厚木秦野、相模原、小田原、つきみ野、つくし野、東京都内や千葉、埼玉、静岡などからもご来店いただいております

 

関連記事

  1. 40代になってから、下半身がどんどん太くなってる気がして、膝…

大公開!プレゼント付き無料メールレッスン

外反母趾・O脚・むくみ・洋ナシ体型・靴・歩き方のお悩みを解消して、メリハリ美脚になるヒントが満載♡
無料メールレッスンの登録は、今すぐこちらをクリック
↓ ↓ ↓ ↓

  1. ファッションと靴選びで印象が変わる!『キレイになる大人の…

  2. 最近、脚が太くなった。ふくらはぎがパンパンに!夏のむくみ…

  3. 片方の足だけ、踵がいつもパカパカ脱げてしまう。その原因と…

  4. O脚を治したい!すらりと真っ直ぐな脚に改善するための3つ…

  5. 辛いダイエットをしなくても痩せる理由!実はとても簡単です…

  1. 外反母趾を予防するエクササイズについての、インタビュー記…

  2. 足裏のタコや魚の目の原因と改善するために必要なこととは?…

  3. 外反母趾の原因って何?改善するためには、どうすればいいの…

  4. 脚のむくみや冷えの原因と改善するため必要なこととは?

  5. O脚X脚の原因と改善するために必要なこととは?

グラマラス美脚メソッドの紹介動画です

インタビューをしていただきました!